2交代制と3交代制のメリットデメリット

自分にとって働きやすいのは?


2交代制と3交代制のメリットデメリット

24時間体制の病院で働く看護師さんは夜勤が多くなるため、身体的や精神的に負担が掛かります。 患者さんに感謝されると大きなやりがいを感じますが、身体的や精神的な負担があまり大きい場合は転職したくなるものです。

24時間体制の病院の場合、看護師さんも24時間体制が必要になるため2交代制や3交代制を採用している事が多いです。 2交代制と3交代制ではそれぞれメリットデメリットが異なります。

看護師さんによって合う合わないがあるため、なるべく自分に合った勤務体制で働きたいところです。 2交代制は日勤12時間、夜勤12時間と分けている病院、日勤8時間、夜勤16時間と分けている病院など様々です。 夜勤16時間だと長時間夜勤となり身体的や精神的に負担が掛かりやすいと言うデメリットがあります。

その代わりに深夜に出勤したり自宅に帰宅する必要が無いです。 その他にも夜勤明けから次の勤務まで時間が長いためにその間に疲れを回復させやすい、プライベートな時間も確保しやすいなどのメリットがあります。

2交代制は看護師さんへの負担の大きさから離職率が高めになると言う病院側のデメリットがありますが、その代わりに看護師さんの人数が少なくて済むと言うメリットがあります。

3交代制では1日24時間を3等分して勤務する形となってます。 日勤、準夜勤、深夜勤とありそれぞれ30分ほど重ねている病院がよく見られます。 その30分の間で交代する看護師さんへと引き継ぎを行います。

2交代制より3交代制のほうが拘束時間が短いため、1回当たりの勤務に掛かる身体的や精神的な負担が比較的軽いと言うメリットがあります。 その代わりに2交代制より夜勤明けから次の勤務までの時間が短くなり、疲れが残ったまま出勤しないといけない事があります。

その他にもプライベートな時間の確保も2交代制と比べると難しい、深夜勤の場合は通勤するのが大変などのデメリットがあります。 看護師の求人を見ると2交代制、3交代制の情報が掲載されていますので転職したくなったらチェックしてみて下さい。

↑ PAGE TOP