どんな美容外科看護師が求められている?

美容外科看護師


どんな美容外科看護師が求められている?



転職支援サービスやサイトに登録をすると、自分で求人を探すこともできますが、逆に求人先からオファーがくることもあります。 人によっては、色々な病院などからオファーが殺到する人もいるようです。そのような求められている看護師とは、どのような看護師なのでしょうか?

看護師は経験やスキルがとても重要になってくる職業ですが、経験やスキルよりも重要視されている部分があります。 それが人としての部分「ヒューマンスキル」です。 ではどのような看護師が求められているのかというと「協調性がある・責任感があり素直・積極性があり社交的・笑顔で対応できる・努力家」です。

これは面接や文面だけではアピールしにくいと思います。 しかし「何年間もずっと同じ部活や習い事をしていた」ということや「生徒会の経験がある」など、学生時代にどんな経験をしたかで、責任感がある、努力家などの印象を与えることができます。 また、どんな人にも笑顔で対応できる人は、どこの病院でも好まれるのではないでしょうか?

そしてヒューマンスキルの次に重視される経験やスキルについてです。 こちらは、病院の場合、採血や点滴、注射といった看護師の基本的なスキルが備わっている人が求められています。 また、病院での勤務は、病棟での経験が基板となるので、病棟で3年以上の経験があると歓迎されます。 同じ診療科なら即戦力になるので、なお歓迎されると思います。

施設の場合は病棟経験が5年以上あり、なお老人看護の経験があるととても歓迎されますよ! 病院のように医療行為をすることはありませんので、患者さんの状態がしっかり把握できるような人でなければなりません。 そのため、病院よりも病棟経験を長く求める傾向にあるようです。

クリニックの場合は、病棟経験は特に重視されませんが、准看護師転職の人数自体が少ないため、基本的なスキルが備わっていると歓迎されます。また、外来での経験があれば、なおさら歓迎されます。

経験も大切ではありますが、やはり一番は人柄を見られます。 自分のどこをアピールすれば、求められる看護師になれるのか考えると、転職活動がスムーズに進むと思います。


小児科の看護師の特徴とは?

小児科は子供を対象にした診療科であるため、子供の対応をすることも大切ですが、子供だけでなくその親への対応もしなくてはなりません。 子供の患者は親と一緒に来ることがほとんどであり、治療法や薬の選択など、子供だけでは決められません。

そのため、親への対応もしっかりしなくてはなりません。 どんな仕事がメインになるかは、クリニックか病院かで変わってきますが、どちらにせよ子供と親の両方にしっかりと対応し無くてはならないのは、どこに行っても共通することです。

また、子供はいつ何が起こるかわからないため、緊急で受診や入院が必要になることも多々あります。 なので仕事の時間配分がしにくい上、入院の場合は食事を食べない、もしくは食べられない子供には指導や介助を行わなければなりませんし、なかなか眠らない子供の寝かしつけもしなくてはなりません。 特徴的な診療科ではありますが、その分魅力もたくさんある診療科です。

なにより、子供好きの人ならば、楽しくお仕事ができる環境だと思います。 やはり、子供の笑顔を見ると誰もが元気づけられますし、それを楽しみに辛くても頑張ってこられてる看護師も沢山います。 また、診療科には様々な科目がありますが、小児科で取り扱っている診療は全科目です。 だから対象が子供とはいえ、色々な科目の知識が身につくため、転職時に選択肢の幅が広がります。

ただ、上記で記したように子供だけでなく、親とも関わっていかなくてはならないため、親への対応が苦になる看護師も多いようです。 自分の子供は誰よりも可愛いですし、そんな大切な子供を看護師に預けるわけですので、厳しい目で見られていることがとても多いのです。

ちょっとした看護師の行動が気に食わない親もいますし、それが耐えられずに退職してしまう人も少なくはありません。 しかし、子供が大好きで接することに慣れている人や、小児科から色々な診療科の知識を身につけて次へ繋げたいと思っている人なら、ぜひ挑戦するべきだと思います。 子供と一緒に遊びながら仕事ができるのも小児科の魅力ですし、子供が本当に好きならば楽しんで仕事ができると思います。

母性看護専門看護師とは?

皆さんは、母性看護専門看護師という言葉を聞いた事がありますか?母性看護専門看護師というのは、出産に関る全てのお母さんをケアする看護師を指します。出産期だけではなく、妊娠前から乳児期まで、ということです。

もう何年も高齢化出産が珍しくなくなった昨今ですが、女性の社会進出やライフスタイルの変化によって、お母さんとしての意識を維持する事が困難な現状です。

母性に関して自覚しなければ池にシーンも少なくないため、母性に関するアドバイスや教育も大切になっています。そのために深い知識と経験を持った母性看護専門看護師のニーズが高まって来ているようです。

母性看護専門看護師の業務は大きく分けると三つになります。周産期のママと赤ちゃんのサポート、女性のヘルスケア、そして地域のママと赤ちゃんへの指導です。どの年齢層がターゲットとなるかということですが、こちらは幅が広く、思春期から更年期までとなっています。

中には思春期に予想外の妊娠をする方もいますし、望まない出産を迎えないためにもお子さんたちへの指導が大切になってくるのです。更年期になると体調面に及ぼす影響以外にも、メンタルへの影響も大きいため、心のケアも行っていきます。

妊娠時というのは短い期間の中で、女性の体に急な変化をもたらし、女性の体や心に大きな負担をかけるものです。自分ではコントロールしきれないことも多いでしょう。

このような時に、妊婦さんへの正しい指導とサポートを行うのも母性看護専門看護師の役目です。中でも初めての出産の時には妊婦さんの不安も大きいと思います。乳児期の指導はケースバイケースで、小児科医や小児看護専門看護師と連絡を取り合う役目も果たします。

地域での母性看護専門看護師の役割で多いのは、年長のママさんに現れがちな、育児ノイローゼへのケアです。年長のママさんは読み物に依存しがちなことも多く、マニュアル通りに行かない事を負担に感じ、育児ノイローゼを引き起こしてしまう事が少なくありません。

母性看護専門看護師はこれらのママさんの悩みの改善にも積極的に関り、アドバイスやケアを行っていきます。できればご実家のお母さんに悩みを打ち明けられればベストですが、核家族化が顕著な現代社会ではそれも難しいです。

年若い頃から母性を意識し学ぶことによって、お母さんになるということの意味を知る事が大切です。母性看護専門看護師がアドバイスを行う事で、避けられる自体も少なくありません。

できるだけ早い、母性への教育も大切なのです。母性看護専門看護師の資格を持っている看護師は30名未満です。今後少子化対策を行っていくにあたって、ますます必要とされる資格といえます。

↑ PAGE TOP